NBAオタクのブログ

NBAオタクのブログ

新卒3ヶ月で退職後、NBAの為にトロントへ引っ越した自由人

【カーメロ・アンソニーの気になる今後は?】

スポンサーリンク

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

TAKU(@sportotaku09)です。

 

今回の内容はタイトル通りです!

言わずと知れたNBA界のスーパースター、カーメロ・アンソニーですが現在はどの球団にも所属しいません。そんなカーメロが何故今の状態になったのか?

僕なりの考えを書いていこうと思います。

下記は、カーメロのキャリアTOP.10プレイ集です!

 

www.youtube.com

 

経歴

まずは彼の経歴から振り返ってみます。

アメリカではNBAの人気に匹敵するくらい大学バスケもとても人気です。

そんな大学NO.1を決める大会がNCAAトーナメントです。

毎年ドラマを生んできたこの大会でカーメロは優勝を果たしています。

 

 

当初は大学で2~3年プレーするつもりだったカーメロですが、大学でやるべきことは全て達成したとしてNBAドラフトにアーリーエントリーすることを決意します。

そして全体3位でDENナゲッツから指名を受けNBAの世界に入りました。

 

僕がとてもカーメロについて鮮明に覚えてことは、やはり

 

アレン・アイバーソンとのデュオ結成です!!

華のあるアイバーソンとのコンビは見ていてとてもワクワクしましたね。

 

その後、チャウンシー・ビラップスとも組みました。

余談ですが、ビラップスは僕の中で、歴代PGランキング3位になります。

 

また後日、PGランキングについても発表したいと思います。

 

 

受賞歴

NCAAチャンピオン(2003年)

NBAオールルーキーチーム 1stチーム(2004年)

NBAルーキーチャレンジ MVP(2005年)

USAバスケットボール 年間最優秀選手(2006、2016年)

NBAオールスタゲーム出場(2007、2008、2010~2017年)

得点王(2013年)

代表獲得メダル 世界選手権 銅メダル(2006年)

        オリンピック 銅メダル(2004年)

               金メダル(2008、2012、2016年)

 

そうです。カーメロは華々しい経歴の持ち主な訳です。

 

ではなぜカーメロはチームが決まらないのか? 

理由① 役割の変化

そんなカーメロも人間ですので当然、歳を取ります。

ルーキー →  中堅 →  ベテランへとNBA内での立場も変わっていきます。

そうなると当然求められることも変化していきます。

 

僕が思うにカーメロはここに順応できなかったと思っています。

ベンチは甘んじて受け入れた所もありますが、そこはスーパースター故かも知れませんね。

やはりクラッチタイム時に、ベンチに居るというのはなかなか心中穏やかではなかったと思います。歳を取るとエゴが強くなり、なかなか変わるのは難しいんでしょう。

 

カーメロと比較するわけではないですが、会社(プライベート)でも嫌われている上司(人)もいれば、好かれている上司(人)も居ますよね?

僕の新卒時代の会社の上司もとても嫌な上司でしたw

是非読んで見てください。

 

www.sport-otaku.com 

とにかくカーメロはHCや選手、スタッフから扱いにくいというレッテルを貼られてしまったんです。

それは彼自身のこれまでの生き方も要因の1つですよね。

 

やはりNBAを見ていてもHCが求める役割を受け入れるベテランの方が需要が高いです。

まあ言われてみれば、そんなこと当たり前ですよね。

バスケットはチームスポーツなんですから。

個人の為のチームではなく、チームの為の個人な訳です。

 

理由②NBAトレンドの変化

ファッションのトレンドがあるようにNBAにもトレンドが存在します。

一昔前は、アイソレーションも多く1対1をメインとしているフォーメーションも多かったですが、現在はビッグマンがボールマンサイドにヘルプに来ます。

 

ここで1つ紹介すると、NBAならではのルールでDF3秒ルールがあります。

その為、ヘルプに来たり戻ったりと忙しい光景が見られることもあります。

有名なのはパウ・ガソルですねw

動画を探しましたが見つからなかったので、是非見つけた人は教えてくださいw

 

OFマシーンと言われたカーメロもこのトレンドの流れに逆らうことはできませんでした。

現代で重宝されるタイプは3&Dですね。

カーメロよ。DFを頑張ってくれ… 

ではどうすれば良いのか?

それは全てを受け入れることだと思います。

ベンチとしての役割、サラリー、ベテランとしての立ち振る舞い  etc

 

僕はまだまだカーメロはNBAで通用するレベルだと思っています。

むしろベンチには置いておくには最高レベルの選手だと思っています。

 

数年前に見せていた輝きを取り戻して、ファンを熱狂させてほしいものですね。

一昔前までは考えられなかったレブロンとの共演も無くは無いと思っています。

それはロサンゼルスだから出来ることでもあると思います。

 

いずれにせよ今後のカーメロの動きから目を離せませんね。

また何か動きがあればそれについても更新していきます。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

是非、Twitterの方も宜しくお願いします(@sportotaku09)