NBAオタクのブログ

NBAオタクのブログ

新卒3ヶ月で退職後、NBAの為にトロントへ引っ越した自由人

NBA トレードデッドラインの動き

スポンサーリンク

2018-19 NBAトレードデッドラインまとめ

 

 

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

TAKU (@sportotaku09)です。

 

ここ数日間はNBA大好きマン達にはとてもワクワクする数日間だったんではないでしょうか!

今回は、NBA大好きマン達が睡魔と戦いながらワクワクしたトレードデッドライン期間に起きた主なトレードについてまとめていきます。

 

 

 

1/31

DAL⇆NYK

 【DAL】

クリスプタス・ポルジンギス

ティム・ハーダウェイJr

トレイ・バーク

コートニー・リー

 

【NYK】

ディアンドレ・ジョーダン

デニス・スミスJr

ウェスリー・マシューズ

ドラフト1巡目指名権2つ

 

 

今回の大型トレード第1弾ですね。

ドンチッチとポルジンギスの欧州コンビは考えるだけでとてもワクワクします。

ウェスリー・マシューズにはバイアウト→INDの噂が流れています。

個人的にはロケッツに行って欲しいなと思ってます。

 

 

2/4

POR⇆CLE 

【POR】

ロドニー・フッド

 

【CLE】

ニック・スタウスカス

ウェイド・ボールドウィン4世

ドラフト2巡目指名権2つ

 

フッドはベンチから出てくる選手としては申し分ないと思います。

ガード陣主体のPORでの活躍を期待しています。

 

 

2/6

PHI⇆LAC

【PHI】

トバイアス・ハリス

ボバン・マジャノビッチ

マイク・スコット

 

【LAC】

ウィルソン・チャンドラー

マイク・マスカラ

ランドリー・シャメット

2020年ドラフト1巡目指名権

2021年ドラフト1巡目指名権(MIAから)

将来のドラフト2巡目指名権2つ(DETから)

 

 

大型トレード第2弾です。

このトレードはお互いに良いトレードだと思います。

PHIの今年にかける想いが伝わってきますね。

 

 

LAL⇆DET

【LAL】

ジーバロック

 

【DET】

シビ・マカイルーク

将来のドラフト2巡目指名権

 

 

うんー。個人的にはこのトレードは微妙だと思っています。

バロックが癖の強いLALで力を出せずに終わる気がします。

ただマカイルークは僕の推している選手なので期待しています。

 

 

PHX⇆MIA

【PHX】

タイター・ジョンソン

ウェイン・エリントン

 

【MIA】

ライアン・アンダーソン

 

 

サンズは良いプレーヤーをゲットしたと思います

勝利とは無縁のサンズですが、将来に期待しましょうw

 

 

WAS⇆NOP

【WAS】

ウェスリー・ジョンソン

 

【NOP】

マキーフ・モリス

2023年ドラフト2巡目指名権

 

 

モリスの価値がとても低い気がしますね。

セルティックスにいる双子の弟マーカス・モリスはとても良いNBAライフを送っているのに…

 

 

CHI⇆WAS

【CHI】

オット・ポーターJr

 

【WAS】

ジャバリー・パーカー

ボビー・ポーティス

 

 

ポーターは良い選手だとは思いますが、サラリーが高すぎましたね。

ジャバリー・パーカーはそろそろ本来のポテンシャルを発揮して欲しいところです。

 

 

2/7

POR⇆SAC

【POR】

スカル・ラビシエ

 

【SAC】

ケレブ・スワニガン

 

 

PORナイストレードです!!

個人的にラビシエは将来を期待できる選手だと思っています。

 

  

SAC⇆DAL

【SAC】

ハリソン・バーンズ

 

【DAL】

ジャスティン・ジャクソン

ザック・ランドルフ

 

 

大型トレード第3弾です。

このトレードはなんとDALの試合中に行われました。

カメラに映ったバーンズの表情はなんとも切ない表情でしたね。

DALの職員やスタッフ、ファンのSNSではバーンズに対する感謝のコメントが多く出ていましたね。辛い時期のDALを支え、コート外でもナイスガイだったバーンズはSACでも活躍してくれることだと思います。

 

 

HOU⇆SAC⇆CLE

【HOU】

イマン・シャンパート

ニック・スタウスカス

ウェイド・ボールドウィン4世

 

【SAC】

アレック・バークス

2020年ドラフト2巡目指名権

 

【CLE】

ブランドン・ナイト

マーキーズ・クリス

2019年ドラフト1巡目指名権

2022年ドラフト2巡目指名権

 

 

ロケッツにとって、シャンパートの獲得は大きいですね。

DFが得意でもあり、今シーズンはSACの原動力ともなった頼れるベテランの獲得で打倒GSW!!

 

MEM⇆LAC

 【MEM】

エイブリー・ブラッドリー

 

【LAC】

ギャレット・テンプル

ジャマイケル・グリーン

 

 

両チームとも将来に向けたチーム作りに舵を取っていますね。

 

 

ORL⇆PHI

 【ORL】

マーケル・フルツ

 

【PHI】

ジョナサン・シモンズ

2020年ドラフト1巡目指名権

 

 

ナイストレードです!!

フルツはベン・シモンズに立場を奪われ、苦しい状況が続いていました。

心機一転大暴れしてほしいですね。

両チーム、両選手にとってナイスなトレードだったと思います。

 

 

MIL⇆NOP⇆DET

【MIL】

ニコラ・ミロティッチ

 

【NOP】

スタンリー・ジョンソン

ジェイソン・スミス

2019年ドラフト2巡目指名権(DENから)

2020年ドラフト2巡目指名権(MILから)

2020年ドラフト2巡目指名権(WASから)

2021年ドラフト2巡目指名権(WASから)

 

【DET】

ソン・メイカ

 

 

バックスはナイストレードですね!!

着実にイーストを制覇する為のピースを集めてきました。

 

 

LAL⇆LAC

【LAL】

マイク・マスカラ

 

【LAC】

イビツァ・ズバッチ

マイケル・ビーズリー

 

個人的にはズバッチに期待しています。

DF面ではブロックや身体を張ったプレーで活躍しますが、OF面ではどこか危なかしさがあり見ていて面白い選手ですw

 

 

TOR⇆MEM

【TOR】

マルク・ガソル

 

【MEM】

ヨナス・バランチュナス

CJ・マイルズ

デロン・ライト

2024年ドラフト2巡目指名権

 

 

大型トレード第4弾です。

MEMのフランチャイズプレーヤーであった、ガソルも11年目にして遂にトレードされました。

現代のNBAではフランチャイズプレーヤーというのは不可能に近いですね。

ただガソルにとっては上位を狙えるチームへの移籍であるだけに頑張ってもらいたいところですね。

 

まとめ

 

 

最近のNBAの移籍市場はビッグネームの選手もこれだけ移籍します。

ファンにとっては悲しい気持ちもあるとは思いますが、それと同時にワクワクもします。

あくまでもNBAはビジネスなんです。なので時には辛いトレードも当然起こり得ます。

そこも踏まえて楽しいNBAライフを送りたいものですね。

ところで今回の移籍の目玉だったアンソニーデイビスは結局残留しました。

LALの選手はかなり揺さ振られた1週間だったと思います。そんな中でも、試合では結果を出さないといけない厳しい世界です。本当に選手達のメンタルには脱帽ですね。

PHIの今年にかける想いには本気度を感じます。ここまでして優秀な選手を揃えて勝てなければもうそれは無理ですwそれ程GSWがチートチームという事ですw

今回はトレードデッドラインの動きをまとめてみました。

今後もなんらかの形で有益な情報を発信していこうと思うので、ぜひ見てあげてください٩( 'ω' )و

Twitter(sportotaku09)の方では、日々NBAのことや日常を呟いているのでぜひそちらの方も宜しくお願いします!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。