NBAオタクのブログ

NBAオタクのブログ

新卒3ヶ月で退職後、NBAの為にトロントへ引っ越した自由人

NBAプレーオフを大胆予想!!

スポンサーリンク

f:id:sportotaku:20190413225713j:plain

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

TAKU(sportotaku09)です。

 

なんとかこちらの記事が間に合いそうです。

長かったようで短かったシーズンも全日程が終了し、いよいよ勝ち残りのプレイオフが始まります。今回はそのプレイオフを僕の独断と偏見を踏まえて予想していきます!

対戦表

まずは対戦表をご覧ください。

f:id:sportotaku:20190413225850j:plain

クリッパーズ、マジックの出場は予想外でしたが、それ以外はまあ順当に勝ち進んできたかなといった印象ですね。

プレイオフとは?

そしてこのプレイオフは、先に4勝したチームの勝ち抜け方式で行われます。

ですので、長引けば最長7試合も同じチームと対決することになります。

恐らく7戦とまでなると、お互い手の内は把握しきっていますので、戦術をねじ伏せる圧倒的個人技が必要になってくると思います。

これがよく言う、プレイオフはエースが必要だ!!

 

という意味ですね。

チームバスケットの限界とでも言えるかもしれませんね。

ですので当たり前ですが、個人技も強く尚且つチームバスケットも優れているチームが1番強いという訳になります。

少し前置きが長くなりましたが、続いては今回の本題である予想をしていきます。

  

勝ち上がり予想

ウエスタンカンファレンス

(1位)GSW  vs  LAC(8位)

     4  -  0   

 スイープです。

正直、本当に今年のLACは頑張りましたよ。

前評判はかなり悪かったにも関わらず、プレイオフ出場は誇るべきです。

ただ今回は相手が悪かったですね。為す術ないでしょう。

 

(2位)DEN  vs  SAS(7位)

     4  -  2

ウエスタンチームでGSWを倒せるのはDENだと思ってます。

過去の記事でOKCを取り上げましたが、ロバーソンが復帰できないとなると少し厳しいかと思います。

www.sport-otaku.com

DENの魅力はサイズが大きいことですね。

最近のトレンドかなーと思います。

イースタンチームではMILもサイズが魅力的ですね。

ただ、相手はスパーズです。百戦錬磨なポポビッチなだけに、油断すると敗退する可能性もあると思います。ただ、順当にいけばDENでしょう。

 

(3位)POR  vs  OKC(6位)

     2  -  4

お互いのロスターが万全の状態であったなら、かなりの好ゲームが期待できたマッチアップだったと思います。

PORのヌルキッチ、OKCのロバーソン。

PORはまたもや、リラードとマカラムの2ガードへの負担が大きくなるでしょう。そこを徹底的に潰せば、総合力で上回るOKCの勝利でしょう。

怪我人さえいなければと、とても悔やまられる対戦カードです。

 

(4位)HOU  vs  UTA(5位)

     4  -  3

個人的に1番楽しにしているマッチアップです。

ハーデンの無双をいかにして最小限にできるか?

これがUTAに与えられた課題ですね。

ハーデンのステップバックはもはやチートですw

止める事は現状では不可能です。

イングリーズ、オニール、セポローシャ辺りが身体を密着させて

気持ちよくプレーさせないようにして、後は落ちるのを祈るのみですw

f:id:sportotaku:20190413225722j:plain


接戦をものにした、HOUが勝ち抜けるでしょう。

 

イースタンカンファレンス

(1位)MIL  vs  DET(8位)

     4  -  0

スイープです。

ヤニスに為す術なしです。

というか、私はDETに怒ってます。MIAに出て欲しかった。

それが怒っている理由ですw

DETファン、ごめんなさい🙇‍♂️

 

(2位)TOR  vs  ORL(7位)

     4  -  1

スイープでもおかしくないと思いますが、維持を見せて、スイープは阻止します。しかし、こちらも為す術なく、あっさり敗退でしょう。

ここまで徹底して戦力を集めたTORのフロント陣はすごいですね。

もうここまできたら、寄せ集めチームで優勝までいってもらいたいものですねw

シアカム、本当に成長しました。僕の中では断トツのMIPです!

 

(3位)PHI  vs  BKN(6位)

     4  -  2

今年はどちらのチームも飛躍的なシーズンになりました。

なかでもPHIのフロント陣は素晴らしい動きでしたね。

ハリスの獲得で、マジャノビッチをも獲得し、一気に優勝への道が見えてきました。

唯一の不安材料は経験不足。しかし苦しみながらもイーストを制覇し、GSWを倒すと予想します。

そうです。僕の今年の優勝予想はPHIです。

BKNはとても良いチームになりました。

ラッセル……上手いくて可愛いw

 

(4位)BOS  vs  IND(5位)

     4  -  3

イースタンの注目度ゲームです。

今シーズンBOSは、いまいち波にのることが出来ませんでした。

INDはエース、オラディポがいれば、BOSを倒していたと思います。

怪我はやはり残念ですね。ゲームみたいに故障なしで設定できたら良いのに…笑

このマッチアップは毎試合、好ゲームが繰り広げられるでしょう。

今回予想しましたが、正直どっちが勝ってもおかしくないです。

  

ウエスタン(セミファイナル)

GSW  vs  HOU

  4  -  2

UTAに苦しめられたハーデンが、ここでは更にデュラント、トンプソンが執拗なマークを受け、ガス欠で終了です。

と予想しますが、ここで救世主が!!

クリス・ポールです!彼の巧みなゲームメイクでハーデンを助けます。

しかし、それでもGSWの壁は厚く、ここで敗退です。

  

DEN  vs  OKC

  4  -  2

このマッチアップではヨキッチが覚醒します。

オールラウンダーなヨキッチをフィジカルモンスターのアダムズが封じ込めることができません。

そして、ここではラッキーボーイが現れます。

プラムリーです!ヨキッチとプラムリーの2センターが機能し、OKCは敗退するでしょう。

もしOKCが勝つならば、ポール・ジョージの大爆発が条件です。

尚、ウエストブルックの化け物スタッツは絶対条件です。

 

イースタン(セミファイナル) 

MIL  vs  BOS

     4  -  2

ここでもやはりヤニスが無双します。

しかしアービングの個人技と、スティーブンス率いるチームバスケットで次第では、BOSが勝ち上がる可能性もあります。

しかし、ここではMILが妥当でしょう。

そしてこれにてBOSのロスターは崩壊します。

詳しくはまた後日書きます。

  

TOR  vs  PHI

     3  -  4

ここではベンシモの成長が問われるマッチアップとなるでしょう。

戦力ではお互いそこまでの差はありません。

ですので、若くまだまだ潜在能力を秘めたベンシモとエンビートの成長が問われます。

厳しい戦いになると思いますが、接戦をものにしたPHIが勝ち上がります。 

 

ウエスタン(ファイナル)

GSW  vs   DEN

       4  -  3

GSWはかなり苦しむことになるでしょう。

OKCを下した2センターがここでも威力を発揮します。

ただ、今回違うのは相手が王者GSWということ。

あらゆるタイプの選手がいる為、対応されるでしょう。

最後はデュラントが無双します。ここで唯一の不安だったSFのDF力不足が露呈するでしょう。

しかし、 DENはよく頑張ったシーズンですね。

 

イースタン(ファイナル)

MIL  vs  PHI

      3  -  4

次世代のNBAを担う選手同士のマッチアップです。

毎試合、接戦になると思いますが、レディックの3Pとハリスの勝負所でのシュートが決まり、勝ち上がります。

しかし今回のこちらの予想も正直分からないですw

MILが勝ち上がる可能性も大いにあります。

ここまで勝ち残ると怪我人なども影響してくるでしょう。

 

NBAファイナル 

GSW vs  PHI

      3  -  4

もうここまでくると予想というより独断と偏見です。

どうにかしてPHI勝って下さい!w

GSWはもういいでしょう。譲ってあげて下さい。

この願いが通じ、PHIが優勝します。

そして、オフには主力選手の移籍により、GSWの王朝時代はこれにて終わりを告げます。

新たな時代の幕開けです。

f:id:sportotaku:20190413225738j:plain 

終わりに

どうでしたでしょうか?

今回は、僕の独断と偏見で予想してみましたが、それでも割と真面目に当てにいってます。

『奈良判定』ならぬ、『PHI判定』ですが許して下さい。

そんな僕もプレイオフからは、楽天TVでNBA観戦をスタートします。

NBAファンが待ちに待ったプレイオフが間も無く始まります!

さあ、皆でどんちゃん騒ぎしましょう!

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。